読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマドキ一般人が在宅で稼げるナウい方法のまとめ

 特別なスキルを必要とせず、家から出ず、なおかつ少しくらいなら稼げるんじゃないかという方法をかなりざっくりとまとめてみた。

 何を調べればいいかもわからない人にとっては、こんなものでもそこそこ有用であると思う。学生や主婦、そして愛すべきニート達の役に立てれば光栄である。

 ちなみに、データ入力のような前時代的な仕事は割愛した。ナウくないので。

 

Naverまとめ

http://matome.naver.jp/

 

【ハードル】かなり低い

【現実的な収入】月数千円

 

 なんだかんだでやっぱりNaverまとめはすごい。煩雑な作業がなく確実にお金を得られるという点では最高峰だ。

 まとめ制作のハードルは低いものの、どういうものがウケるのか要領よく学んでいける人じゃないと月数千円稼ぐのも楽じゃないかもしれない。逆に、要領のいい人が運とセンスと時間に恵まれていれば月数万も不可能ではない。

 

YouTube

https://www.youtube.com/

 

【ハードル】低そうに見えて実はやや高い

【現実的な収入】月数百円

 

 ご存知YouTube

 YouTubeでは動画に広告を付けることが出来る。そしてその広告をクリックした人がいれば、その分だけ報酬が動画投稿者に支払われる。

 しかし広告を付けることが可能なのはそこそこ閲覧数を稼いでいる動画の投稿者のみであり、自分の意思でいざ始めようと思った時に始められるものではない。その点でハードルはやや高いと言える。

 しかも、広告を付けたからといってすぐに儲かる訳ではない。相当の閲覧数を稼がないと大した収入にはならず、なんのスキルもない人が普通にやって得られるのはせいぜい数百円かと思われる。

 ただ、何か特別に秀でたものを持っていなくても、顔を晒して突飛なことをやり続ける覚悟があれば、月1万円以上稼げるかもしれない。

(そんなメンタルとアイディアがあれば他でもっと稼げそうな気もするがw)

 

ニコニコ動画

http://www.nicovideo.jp/

 

【ハードル】そこそこ低い

【現実的な収入】不明

 

 ニコニコ動画にもクリエイター奨励プログラムというのがあり、人気動画の投稿者は稼げるようになっている。

 プログラムに参加するにはプレミアム会員である必要があるが、申請すればいいだけなのでハードルはそこそこ低いほう。

 しかし、これもYouTubeと同様に何か秀でたものか、もしくは覚悟がないと非常に難しい。

 また、現実的な収入を明言出来るほどの情報が集まっていないため、なんとも言えない。

 

FX

【ハードル】普通

【現実的な収入】月数万

 

 楽して稼ぐ方法の定番であるFXだが、大きなリスクを負って小さな楽を得ているだけなので、むしろプラスマイナスで言えばマイナスである。

 しかし、稼げないこともない。僕もやってみたことがあり、数万は稼げた。ただ、思った以上にきつく、続かなかった。リスクや労力を考えると割に合わなすぎるので、紹介しといて言うのもなんだけど普通の人はFXなんてやるもんじゃない。本来ならここに挙げるべき方法ではないが、警告したいがために挙げといた。

 そもそも大してナウくないので、ナウに生きるピープル達には全くフィットしないはず。

 

ブログ

【ハードル】やや低い

【現実的な収入】月数百円

 

 自分でサーバーを借りてブログを作るのでなければ、どこかのブログサイトで自分のブログを開設することになる。そして後は文章を書けばいい。そこまでのハードルは非常に低い。

 ただし収入を得るには、広告を貼らなければならない。広告はブログサイトで用意してくれるものではなく、ユーザー自身がGoogle AdSenseAmazonアソシエイトのアカウントとを取得して利用する。それが少しだけ面倒なのでハードルは「やや低い」にした。

 もちろんブログに広告を貼ったからといってすぐに稼げるわけではない。最初は月千円を超えるのも難しいだろう。もし始めた月に千円を超えたら才能があるので、続ければ月数万円も充分に狙える。

 利用するブログサイトのオススメは、はてなブログだ。何も知らずに始めても、いい記事を連発すれば確実にアクセスが集まる。また、広告を貼る方法を丁寧に教えてくれる人がたくさんいるので、よくわからなくても始められるところがいい。

 無料のはてなブログでもAdsenseの審査は通るのか - 働き者ブログ

 はてなブログでGoogle Adsenseを始めるために僕がやったこと - マトリョーシカ的日常

 

書評ブログ

【ハードル】やや低い 

【現実的な収入】月数百円

 

 書評ブログも普通のブログと同様、Google AdSenseAmazonアソシエイトを利用する。本を紹介するのでAmazonアソシエイトの収入が多くなるが、まぁ大して稼げるものではない。人気ブロガーにならないとびっくりするくらい稼げないだろう。

 

 しかし、これは結構オススメ。

「遊ぶ金欲しさ」という容疑者みたいな動機で始めようが何だろうが本読む機会を作るというのは非常に良いことだ。

 書籍を読み続けることが出来れば、必然的に多くの知識や考えに触れることになる。書評ブログで全く稼げなくても、長い人生の中ではその経験が大きな財産になる。簡単に始められるので、読書習慣のためだけに始めてみるのもアリかと。

 

note

https://note.mu/

 

【ハードル】かなり低い

【現実的な収入】未知数

 

 ブログで稼ぐなら、あえてnoteを選ぶのもなかなかナウいと思う。 つい最近にリリースされたサービスだからだ。

 どんな感じかは、たとえばここをちょっと覗いてみればわかるだろう。こんな感じで色んな制作物を発表出来る。

 特筆すべき点は、コンテンツへの課金がめちゃくちゃ簡単に出来るというところだ。「有料」を押して金額を決めればすぐにコンテンツを売れるのだ。売上金の振込み先の設定も極めて簡単。

 

 ただ、まだ市場の形があやふやで、どうすれば稼ぎやすいかが非常に不明確だ。だからまだ本格参入する人は少ないが、それはスキルのない人にも大きなチャンスがあるということでもある。

 先に一定のポジションを獲得しておけば、それだけで大きな利益となる可能性がある。noteがこれから大きな存在感を発揮してくるサイトになるのは確実と思われるので、とりあえず乗っかっておいて損はないだろう。

 

アプリ☆メーカー

http://appli-maker.jp/

 

【ハードル】普通

【現実的な収入】月1万円前後

 

 我らがウェブ研のサービスで、Twitterアプリを簡単に作れる。

 ウェブ研の理念はざっくりと言えば「娯楽と教育と収入源の再分配」なわけだが、アプリ☆メーカーは今のところそれを最も実現しているかもしれないサービスだ。

 

 サイト利用自体のハードルは低いが、広告収入を得るための設定で少々面倒な部分もあるのでハードルは「普通」とした。ただし、普通のブログと同じようにGoogle AdSenseを利用するので、既にGoogle AdSenseアカウントを持っている人にとっては非常に低いハードルで稼ぎ始められるサイトである。

 

 アンケート調査では表示閲覧数1につき0.2円くらいが相場。Twitterで拡散されないとサイトの常連しか見に来ないので広告などあまりクリックされず、0.2円を下回る。逆にTwitterで拡散され始めると新規ユーザーが多く流入し、クリック率が上がって0.3円以上になったりもする。

 Twitterの「トレンド」に乗ってがっつり拡散されることもあり、そうなると一気に数万円が入るが、そんなのはなかなか狙えない。そこそこのものをいくつか作って1万前後というのが現実的なライン。

 

 アプリ☆メーカーでの稼ぎ方の詳細は以前記事にしたので、そちらを。 

 運営側がGoogle AdSenseでニートでも簡単に1万円稼げる方法を教える

 

suzuri

https://suzuri.jp/

 

【ハードル】かなり低い

【現実的な収入】未知数

 

 ネットだから実物ではなく、情報で価値を創り出すしかないなんて考え方は古い。

 また、現物を売る場合は先行投資が必要になるのでリスクがあるなんて考え方も古い。

 ノーリスクで現物を売ってしまえるようなナウいサイトなんざ今時いくつもある。suzuriもその一つだ。

 

 suzuriは商品ページから商品が購入されてから生産して発送する仕組みだ。だから先行投資皆無で始められる。登録料?そんなナウくないものは存在しない。ユーザーが先に払うものなど何もないのだ。

 商品ページの作り方もびっくりするほど簡単。1枚の画像をアップロードするだけだ。商品ページにあるのは、その画像がデザインされた、いわば商品アイディアなのだ。この時点で現物は存在しないため、ユーザーは何も支払わなくて済むし、在庫リスクもない。

 そして売上金の振込先の設定も簡単である。

 

 ここまで簡単だと、とりあえず商品を作りまくれば少しは稼げるはずだ。

 たとえカレンダーとか度量衡換算表とか路線図のiPhoneケースなんて人目に触れることさえ出来れば誰かしら買うだろう。

 また、ニッチな商品をノーリスクで作りまくれるので、何かを網羅してしまう類の超ロングテール商法が使える。

 たとえば名字カップや名字iPhoneケースなら、一つ一つの商品は買ってもらえるか危ういが、メジャーな名字を網羅してしまえば買ってくれる人は必ずいるだろう。ハンコだとかおみやげ屋の名前キーホルダー的なやり方だ。画像制作も文字を置き換えるだけなので非常に楽である。画像制作が少々面倒になるし、これはスキルになってしまうが、書道をやっている人が達筆な字で書けばさらに売れそうである。

 スキルがなくても、他にも著作権のないものを使えば商品は作れる。名画だとか文化財だとか青空文庫だとか、使えるものはいくらでもある。画像化さえ出来ればいいのだ。著作権切れカメラマンの有名作品のTシャツなんていうのは普通にかっこいいと思うし、古着屋の多い通りによくある無駄に高いオリジナルショップもそんな芸の無いTシャツばっかだし、一定の需要はあるはずだ。

 

 従来のビジネスだと商品単体で採算に合わないといけなかったが、suzuriなら関係ない。売れないものをいくら作ったって一銭も払う必要はなく、単純に売れたぶんだけ儲けになる。競合が少ないうちに、ニッチでコアな商品を作りまくれば必ずいける。

 ただ、唯一の問題点は、商品が人目に触れる工夫をしないと全く売れないかもしれないということだ。suzuriもそこのところは上手くいくように頑張るだろうが、今のところは各自で頑張るしかない。

 

LINEスタンプ 

https://creator.line.me/ja/

 

【ハードル】不明。

【現実的な収入】未知数だが、当たればかなりでかい

 

 つい最近、LINEスタンプの販売が一般開放された。市場の大きさを考えると、これはとんでもないことである。

 画像を作りさえすればいいので、ハードルもそこまで高くないと思われる。

 オリジナルイラストでないといけないので、一見スキルが必須である。しかし、画力が必要でないコンテンツはいくらでもある。当然そういうものは競争が激しいし、すぐにやり尽くされてしまうものだが、スタンプ販売は解放されたばかりである。すでに競争は厳しいだろうが、今なら充分に戦える。

 また、稼げる可能性は低くても、ヒットした時の収益が非常に大きいことが予想されるため、オッズとしてはそれほど悪くない。

 

オリジナルのウェブサービスを作る

【ハードル】高い

【現実的な収入】不明だが、当たれば最強

 

 今の時代、やはりこれが最強である。オリジナルのウェブサービスで稼ぐには、スキルとアイディアが必須だが、その両方を自分でやる必要はない。分担するか、お金を出して人にやらせれば、スキルもアイディアもないままにウェブサービスを作ることだって可能っちゃ可能だ。

 僕自身も、プログラマーと比較すればスキルゼロと言っていいだろう。それでもなんとかオリジナルのウェブサービスを作れている。

 だからみんな作ろうぜ! この道はめっちゃハードモードだけどな!

 ウェブサービスを作る若者のためのグループも作ったので、この道に首突っ込んじゃった人はウェルカム!

 

 おわりに

 というわけでいろいろ紹介したが、イマドキはナウい稼ぎ方がいっぱいあるのだ。

 特にオススメなのはNaverまとめとアプリ☆メーカーだ。この2つが一番無難であり、これで月千円以上稼げない人は、おそらく人にコンテンツを提供するという行為自体が向いていない。金が欲しけりゃどっかでバイトしたほうがいい。

 次にオススメなのは、LINEスタンプとsuzuriだ。LINEスタンプは当たりがでかそうなのが良く、suzuriは仕組みが非常に面白い。

 

 これらはどれか一つを頑張ってみるようなものではない。片手間に遊びながら、3つか4つを平行してやるものだ。そうしてだんだん要領をつかんでやることを絞り、本当に片手間のまま稼ぐのが理想である。

 

 ここに挙げた他にもかなりナウい方法があるだろうし、ナウく稼ぎたいならば調べてみる価値はあるだろう。

 また、最近はお金をやりとりするウェブサービスがどんどん出てきているので、もっともっとナウい方法だって出現してくるだろうから、アンテナを張り巡らせて損はない。

 

 そしてもちろん、「新しい収入源の提供」を理念として掲げる我がウェブ研もそういったサービスをリリースしていきたいと思っている。

 

 がんばるぜー