読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ研も自社サイトをメディア化するっちゃ

 LIGという会社がある。

 ウェブ界隈でかなり有名になったので知ってる人も多いだろうが、この会社は自社サイトをメディア化してなんだかうまくいっている。

自社サイトをメディア化し、1年で100万PVにして分かった失敗と成功のまとめ。

 

 で、ウェブ研も自社サイトをメディア化してみようかなぁと思っている。

 具体的に何をするのかというと、自前サービスにとってプラスに働くようにブログを更新していくのである。

 とはいえ、ウェブ研はそもそも会社でもないし、ここ自分のサイトじゃないし、結局ブログ書くだけなのでメディア化とは言えないし、なんだかんだで全然「自社サイトをメディア化」ではない。とにかくそういう気持ちでこう、なんとかしてみようかなというぼんやりとした作戦を遂行してみるのである。

 

 ただ、単純にアクセスを集めるということとは違う。

 このブログだけでLIGのようにアクセスを集めるのは難しいし、苦労してLIGのようになったとしてもしょうがない。

 なぜならLIGは月間約150万PVらしいが、実際のところ、ウェブ研のサービスのPVは既にそれよりずっと多い。LIGのほうが圧倒的に有名だからすごく変な感じだが、数字としては確かにそうなっている。

 

 ではなんのためにやるのかというと、多様な人材をウェブ研サービスに引っ張ってくるためである。

 ウェブ研は主にCGMを作っている。ユーザーが勝手にコンテンツを作ってくれるので働かなくてもサイトが回るという夢のシステムだからだ。

  しかし逆に言えばユーザーがコンテンツを作ってくれないと、優れたサイトであっても上手く機能しない。

 だからウェブ研のサイトにはコンテンツを作る人間が集まらないといけない。ただ消費するだけに飽きたらず、何かを作り、それに誰かが反応してくれることの快楽を知る人間だ。

  そのためには普通にサイトを運営したりTwitterで喚いているのに加え、面白いものを求めてネットをさまよう人間達を捕まえるための新しい策を講じなければならないと思ったのだ。

 

 とにかく今は「アプリメーカー」でいろんなアプリを作る人が集まってくれるとありがたい。

 アプリメーカーは作ったアプリへのAdsenseの使用も可能で、ユーザー聞き取り調査では今のところ表示PV(実質UU)1あたり0.2~0.3円の収益がある。だから人気アプリ作者の累計PVをみればアプリメーカーでどれくらい稼げるのかがわかるはず。インセンティブのあるCGMの中では圧倒的な利益率だと思う。

 もちろん使われないと全然利益もないだろうが、Twitter連携アプリなので拡散性が強く、人気が出れば短時間で凄まじいPVの増え方をする。結局センスと運次第なのは否めないが、センスのある人ならばこんな楽に稼げる手段はないだろう。

 

 というわけでみんな「アプリメーカー」でなんか作れ―!